引っ越し祝いに風水グッズ

引っ越し祝いにオススメの風水グッズを紹介します。

プレゼントにはとにかく暖かいイメージのものを選びます。
カーテンやカーペット、布団などの生活を暖かくしてくれる物を送ると、そこに住む人がいつまでも暖かくハッピーな暮らしを贈ることができるといいます。

照明器具、とくに岩塩ランプなどは友達にも身内の方にもぜひお勧めのアイテムです。
また、風水的にリラックス効果と安定感を与えてくれる観葉植物もオススメです。
風水では植物は、新しい環境にすぐなじませてくれるパワーがあるといわれます。
引越しして最初のプレゼントとしてはかなりポイント高めです。

またマンションなどではなく、お庭つきの一軒家を購入された方には庭木などをプレゼントするのもいいでしょう。
ただしサボテンやアロエなどのトゲがある植物は風水ではもともと悪い気を封じるもので、その方とのご縁を妨げてしまう場合もありますので避けましょう。

避けるものといえば、刃物と鏡のプレゼントは絶対に避けましょう。
これは引越し祝いに限らず、風水ではプレゼントとして絶対にあげてはいけない物です。
風水的には刃物には縁を切ってしまうという意味がありますし、鏡は縁を跳ね返してしまう作用があると言われます。
| 風水

曜日ごとの風水活用術

曜日ごとに風水で運気を上げる方法です。
また、下記の行動は基本的に午前中に行うのがオススメです。

月曜日は風水で「水の気」が強い日です。
水の気を吸収できるように、お風呂に長く浸かったり、プールや温泉に行くのもオススメです。
特に月曜日はお水を多めに摂取したり、お風呂など水まわり掃除にも適した日です。

火曜日は風水で「火の気」が強い日です。
特に腕を振るって料理をする、キャンドルやアロマを焚いて、炎のゆらぎを見ながら音楽を楽しむなどしてみましょう。
火のパワーを十分に取り入れましょう。

水曜日は風水で「水の気」が強い日です。
この日はスケジュールを立てたり、パソコン作業や手入れに向いている日です。
外出するよりも、家で何か整理したり、ゆっくりバスタイムを楽しみましょう。

木曜日は風水で「木の気」が強い日です。
勉強やストレッチがオススメです。
勉強や読書に励んだり、スポーツにも向いています。
また、いつもはおろそかにしている部屋のメンテナンスをするのも良いでしょう。

金曜日は風水で「金の気」が強い日です。
仕事が終わったら存分に遊びましょう。
デートやお食事会にも適した日です。
また美容効果も出やすいので、エステや美容室に行くのもいいでしょう。

土曜日は風水で「土の気」が強い日です。
午前中はゆっくり休みましょう。
ガーデニングや庭でのお茶を楽しむのがオススメです。
靴のお手入れや玄関周りの掃除もいいでしょう。

日曜日は風水で「陽の気」が強い日です。
できるだけ外出して太陽の光を浴びましょう。
ただし夜は早めに帰ってゆっくり休みましょう。
タグ:風水活用術
| 風水

風水でオススメの香り

風水で運を上げる香りとアロマポットの選び方です。

風水では、良い香は運気アップに欠かせないものです。
ただし活用するアロマポットの素材や形によって、その効果は変わります。

お勧め素材は素焼きや陶器です。
また形は、アロマを入れるお皿と台の部分が別になっているタイプを選ぶと、風通しが良く、アロマを焚く時に使う火のパワーを強められます。
また行動力や元気を高めたい場合は、炎がよく見えるガラス製のポットもオススメです。
風水的にはこの火を使って焚くタイプのポットがオススメです。

炎のゆらぎを見ることで脳の神経を休ませて精神状態を安定させたり、内に秘めた力を湧き上がらせる効果も期待できます。
またどうしても嫌な臭いがこもりやすい、靴箱やトイレなどにアロマを焚いてみると風水的にも運気アップできます。
もちろん玄関や寝室に好きな香りのアロマを焚くのもオススメです。

また風水で場の気を高めるならば、人口的な香りよりも天然の精油の方が効果が高いのです。
また風水に良いとされる香りですが、これは自分がお店で見て気になる香りを選べばよいのです。
「気になるもの」=「今自分に必要な香り」と考えられるのです。

頭をすっきりさせるならば柑橘系などの爽やかでスッキリした香を選びましょう。
| 風水

風水で快適な住まいを作る

風水で快適な居住空間を創るには、まず敷地環境・建物の形状・現状の室内など、自分の居住空間の現状をよく知ることから始まります。

安全な場所にあるのか、騒音や高圧線の影響は無いか、土地はなだらかな起伏のある高い所にあるか、道路と家屋との距離や関係はどうか、玄関の前にはアプローチがあるか。
こういった一つ一つは、些細なことに見えて実は、風水学的にとても重要なポイントです。

また、室内の環境はどうでしょうか。
風水では家族や仕事仲間の良い「気」を感じられることも非常に大切にされています。
例えば玄関から誰にも会わずに子供部屋に入れるような間取りは風水的に良くないとされています。
また、どんなに風水鑑定でアドバイスしても、整理・整頓・清潔にしてなければ意味がありません。

また風水では、家の中の各場所を人の身体と密接に関連付けて捉えています。
例えば
トイレは腎臓泌尿系
寝室は心臓
リビングは肝臓
ダイニングは胃腸
キッチンは心臓小腸
廊下は気管支
などといった具合です。

これを応用し、ダイニングでは胃腸を活発にする為に明るいカラーを用いる、といったように各機能に配慮して各部屋をデザインをすることができます。
また内装材には化学物質のないものを使い、パソコンなど電磁波の影響がある部屋は寝室にしないことなどの配慮も必要です。

風水と鏡

風水による運気アップと鏡には非常に重要な関連性があります。

風水では鏡は開運・厄除けグッズとしても重要なアイテムのひとつであるとされています。
鏡は昔から三種の神器にも入るほどで、神のご神体の一つとして扱われるほどの貴重なものです。

鏡には悪い気を跳ね返すという意味がありますが、 同時に良い気も跳ね返すので、風水学的には気の入り口である玄関には正面に設置せず、左右に置くのがいいといわれます。
例えば玄関で、左に飾ると金運がアップし、右に飾ると地位・名誉が高まるといわれます。
しかしこの両方をアップしたい、ということで左右に置くと向き合ってしまい、逆に運気がさがるので注意しましょう。

部屋の入り口を開けたら鏡が正面にあるという状態も避けたほうがいいでしょう。
またそもそも、部屋にあまり鏡をたくさんは置かないほうが良いともいわれます。
また、三面鏡など、鏡が常に向かい合わせで存在するという状況も避けましょう。
鏡は悪い気を取り除き、良い気をあげて開運をねらうのが目的です。

最近は欧米で流行の風水インテリアなどもあり、どこに置くのがいいかいろいろと説があります。
寝室では寝姿が映らないようにする、使わないときはなるべくカバーをかけるなどといった説が風水インテリアにはあります。
また「八」という数字は風水にとっては八方位を指し、この形をした鏡「八卦鏡」は特に運気をアップするともいわれます。

「気」とは

風水でよく使われる言葉に“気”があります。

気”とはなんでしょう。
気とは一般に、目には見えないが、その場所を満たしていると感じられるなにものかのことを指します。
空気やガス、または人知を超えた霊妙なものなどのことです。

流行りのスピリチュアル・ヒーリングの影響もあり、“気”といえば、風水学的なものよりも、霊妙なものを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
この“気”とは、本来の風水では大地が発するエネルギーと捉えられていました。
風水学的には「よい気に満ちた場所に、家や墓、都市などをつくると繁栄する」と考えられていたのです。
風水ではよく「家の中によい気を取り入れる」とか、「この家は悪い気に満ちている」などといった言われ方をしますが、その“気”には、やはり神秘的、霊的なニュアンスを感じている方が多いのです。

『風水術』に限らず、古代中国の学問において“気”という概念は大変重要です。
“気”には主に次のような意味があります。
空気、大気、天地間の自然現象。力、勢い、心持ち、飲用。身体の根源となる活動力、元気。万物生成の根源力。宇宙の蛮勇を生成する質量・・。
以上の様にさまざまな意味を持ちますが、これらは単独ではなく全体でひとつの“気”という概念の意味を表しています。

理気風水

風水は、「形法風水」と「理気風水」に分類されます。
このうちの「理気風水」は陰陽五行と方位の吉凶関係を重視し、個人の生年月日時間によって決定される方位の吉凶に基づいて住居や墓の方位、間取りの配置などを決める、という考え方です。

理気風水では、方位とエレメントとよばれる元素の関係を定義づけて応用することができます。
まず家を南、南西、西、北西、北、北東、東、南東の八方位に分けましょう。
風水では東は健康運、南東は金運、南は名声運、南西は恋愛や結婚運、西は子孫運、北西は有力者のバックアップを得る協力者運、北は職業運、北東は学業運に関係しています。

そして、中国では昔すべてのものは木、火、土、金、水の5つのエレメントから成っていると考え、それらを8方位に当てはめました。
(木は東と南東、火は南、土は南西と北東、メタルは西と北西、水は北)
つまり、開運したい方位の部屋をその方位のエレメントを表すインテリアにすると、エレメントのパワーが増して運を増すことができるということです。

ではここで、エレメントを表すインテリアの一例を紹介しましょう。
木(花や観葉植物、木製のもの。緑色や茶色のもの)
火(キャンドルライト、照明、その他赤いもの)
土(陶器、クリスタル、黄色やベージュ色のもの)
メタル(金属製のものやメタリックカラーのもの、白いもの)
水(水、ガラス製品、青や黒いもの)

風水とは

風水とは、天地のエネルギーである“気”の流れのことです。
この風水のことを堪輿(かんよ)ともいいます。

自然界には、この“気”が宇宙空間、地球、大地に降り注いでいます。
人々は良好な自然の中で暮らし、町や寺院、墓、家などをどのように造るべきかを“気”の流れによって追求してきました。
その結果として、環境を整えることによって幸運を招く『風水術』が誕生したのです。

『風水術』は古代中国で生まれ、早くから日本に伝わり、歴史上都市造りや住居、建物、墓などの位置決定(物の位置によって気の流れを制御する)などに広く応用されてきました。
風水では都市や住居(すなわち生者の居住空間のことを指します)を陽宅(ようたく)、墓(すなわち死者の居住空間のことを指します)を陰宅(いんたく)と呼んで区別しています。

また、風水は大別すると、形成(巒頭)風水理気風水に分けることができます。
形成風水は、その土地の気の勢いや質を地形等の形成を目で見える有形のもので判断する方法で、形法、形勢派、巒体派などとも呼ばれています。

一方、理気風水は陰陽五行や八卦、易理(易)、方位など目に見えないもので判断する方法で、理法、理気派、屋宅派などとも呼ばれています。

花で運気アップ

風水で多用されるのが、花や観葉植物です。

これらの特長としてはその形や色の効果から、風水で運気アップしたい目的別に気を高めることができるということです。
そして自分が気になる色や好きな形の花を優先して飾ることも大事です。
南西にピンクの鉢植えの花を置くと恋愛運が上がるといわれます。
恋愛運をアップしたい方は、お部屋、もしくはお家の南西に、ピンクの鉢植えの花を置いてください。
また切花よりは鉢植えのほうが風水では長く続いた縁を築けるといわれます。

マイホームやマイカーなどの大きな買物を考えている方は、赤い花瓶に黄色と白い花を飾ります。
これは風水では直感力が増す組み合わせなので、物事を決めるべき時に迷わず良いものを選べるのです。
花の形はなるべく小さいものよりは長めですっきりとしたものがオススメですね。

玄関やベランダなど外から気が入ってくる場所、もしくは気やパワーが弱いと感じる場所に、風にそよぐような花びらの、白い花を飾ってみましょう。
風水パワーをアップすることができます。
長時間過ごすことが多いリビングや寝室などの場所には、なるべく花を飾りましょう。
風水では花を見るだけで元気になれるともいわれます。
花をすぐに枯らしてしまう、というかたは、育てやすいハーブの鉢植えを置くのもオススメです。
タグ:観葉植物
| 風水

鬼門と家作り

家相風水で嫌われている鬼門を封じる方法は存在するのでしょうか?
家作りにおいて風水の概念の中でも特に鬼門は厄介なようで、家相風水をそれほど信じていない人でも、やはり鬼門にトイレやお風呂がかかるのが気になって、なかなか設計が進まなかったりするものです。

しかし、鬼門とは北東、南西という方角に存在するものなので、なくしてしまうことはできません。
トイレやお風呂が鬼門にかかると、北東や南西の角を避けてわざと位置をずらしている家を良く見かけます。
しかしこれはただ「張り・欠け・死角」をつくるだけで、建物の強度や防犯の面などにおいては結局、マイナス要素になってしまうのです。

家相風水において水回りには鬼門をつくるな、不浄のものを置くなといわれるのは、実は日当たりの悪い北東は、寒くて湿気の乾きにくい場所であり、南西は暑くて物が腐りやすい場所だからなのです。
例えばトイレやお風呂に寒い場所は不向きですし、湿度が高く乾きにくいとカビが繁殖したりします。
それならば、窓の取り方、設備機器や内装材の選び方などで、この寒さや暑さを改善しましょう。

家相風水で鬼門がよくないとされる理由を知り、それを改善する対策をとれれば、ただ風水の方角のみにこだわって家を建てる必要はないのです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

Copyright (C) 2007 風水で運気アップ All Rights Reserved.