部屋の色を風水で変える

目で認識する色が私達の脳へ及ぼす働きはとても大切で、風水的にも大きな影響があるといわれます。

赤やオレンジ色などを見ると脳は興奮して交感神経を刺激し、血圧が上昇し、呼吸や脈拍が増加します。
また血管が収縮したり、血流が増したりします。
そのため赤を見ることで食欲増進しますが、青色、水色、紫色などは逆に食欲を減退させるのです。

色彩はこのように心理にも作用しますが、風水のように生理にも明らかな変化をもたらします。
ですから、もちろん風水的にはどの部屋にどんな色を配置するかで、人間の気持ちや健康状態が大きく変わってくるとされています。

たとえばピンク色は女性ホルモンの分泌を盛んにしますので、風水的にも恋愛や結婚の運気を上げる色なのです。
独身女性の部屋にはピンク色を使用すると良縁に恵まれるなどの効果が現れるので、ピンクは女の子の色という概念も、あながち間違っていないのです。

また寝室などはこれから寝静まろうとする場所なので、風水的にも落ち着いた色彩が良いでしょう。
風水で色の効果を有効に活用し、住宅や会社の鑑定をする際に色を処方することによって、さまざまな効果を得ることができます。
風水は常に一定ではありません。
住む人の目的によって色を変化させ、より良くしていくことは大切なことです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75654674
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

Copyright (C) 2007 風水で運気アップ All Rights Reserved.