パワーストーン

風水用語の一つであるパワーストーンとは、自然の力を秘めた天然石のことです。

天然石とは、地球で長い時間をかけて自然に作り出された石です。
このパワーストーンは種類によって宿る風水エネルギーが違っており、また同じ種類でも違った個性を持っています。

風水で使うパワーストーンはダイヤモンドやルビー、エメラルドといった貴石から、ローズクォーツやタイガーアイと呼ばれる半貴石、また真珠や琥珀、珊瑚といった有機原石など種類は様々です。
貴石は半貴石よりも風水学的なパワーが強いといわれます。
またこの石のサイズは大きいほど風水学的な強いエネルギーを持っているのです。

風水ではパワーストーンを持つことで、石の持つエネルギーがその人のもつマイナスの気を吸収し、災いや災難を肩代わりしてくれるといわれています。
このパワーストーンは使っていると色全体が濁ってきたり、割れたりすることがありますが、これはその人が持っていたマイナスのエネルギーを石が吸収してくれたことをあらわしています。

石も生きているので、使っているとエネルギー不足になり、浄化が必要となるのです。
風水でパワーストーンを使ったら、きちんと石を浄化してあげるようにしましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75643794
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

Copyright (C) 2007 風水で運気アップ All Rights Reserved.