風水用語

特に分かりにくい風水用語を解説しましょう。

まず本命卦とは、家の住人の生年月日から、固有の吉凶方位を導き出す風水の中でも八宅派の占法です。
生まれ年は立春をもって新年とし、男性と女性は同じ生年月日でも本命卦は異なっています。
宅卦とは、家の座山(正面、玄関と逆の方向)の方位から、吉凶の方位分布を決めるときの八卦のことです。
これは、おなじ風水でも八宅派と飛星派とで異なります。

宅運盤とは、風水の飛星派、玄空派が用いる占法で作成する盤のことです。
建物の建った年月日、座山、屋向(玄関の向き)より導き出します。
とは、風水的にみて悪い影響を及ぼす「気」を殺気と呼び、この殺気を生み出す状況のことを「殺」と言います。
殺には目に見える形で原因を見る「形殺」と、理気的に見て殺を生む原因を見る「理殺」などがあります。
制殺とは、この殺の凶を弱める方法で、化殺とは殺の凶を吉に変える方法のことです。

納気口とは、門、玄関、窓など、風水的にも実際にも外気の入り口となる場所のことです。
房剋人とは、人が少なく、家や部屋の気が散ってしまう、風水上凶とされるもののことです。
逆に人が多く、部屋が小さい方が吉とされています。

文章方位とは、特に勉強や読書、書斎に適した方位のことです。
風水の飛星派の宅卦の盤で四緑木星、巽が回っている方位で、巽には文章の象位があることからこう呼ばれます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

Copyright (C) 2007 風水で運気アップ All Rights Reserved.