風水と鏡

風水による運気アップと鏡には非常に重要な関連性があります。

風水では鏡は開運・厄除けグッズとしても重要なアイテムのひとつであるとされています。
鏡は昔から三種の神器にも入るほどで、神のご神体の一つとして扱われるほどの貴重なものです。

鏡には悪い気を跳ね返すという意味がありますが、 同時に良い気も跳ね返すので、風水学的には気の入り口である玄関には正面に設置せず、左右に置くのがいいといわれます。
例えば玄関で、左に飾ると金運がアップし、右に飾ると地位・名誉が高まるといわれます。
しかしこの両方をアップしたい、ということで左右に置くと向き合ってしまい、逆に運気がさがるので注意しましょう。

部屋の入り口を開けたら鏡が正面にあるという状態も避けたほうがいいでしょう。
またそもそも、部屋にあまり鏡をたくさんは置かないほうが良いともいわれます。
また、三面鏡など、鏡が常に向かい合わせで存在するという状況も避けましょう。
鏡は悪い気を取り除き、良い気をあげて開運をねらうのが目的です。

最近は欧米で流行の風水インテリアなどもあり、どこに置くのがいいかいろいろと説があります。
寝室では寝姿が映らないようにする、使わないときはなるべくカバーをかけるなどといった説が風水インテリアにはあります。
また「八」という数字は風水にとっては八方位を指し、この形をした鏡「八卦鏡」は特に運気をアップするともいわれます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

Copyright (C) 2007 風水で運気アップ All Rights Reserved.