鬼門と家作り

家相風水で嫌われている鬼門を封じる方法は存在するのでしょうか?
家作りにおいて風水の概念の中でも特に鬼門は厄介なようで、家相風水をそれほど信じていない人でも、やはり鬼門にトイレやお風呂がかかるのが気になって、なかなか設計が進まなかったりするものです。

しかし、鬼門とは北東、南西という方角に存在するものなので、なくしてしまうことはできません。
トイレやお風呂が鬼門にかかると、北東や南西の角を避けてわざと位置をずらしている家を良く見かけます。
しかしこれはただ「張り・欠け・死角」をつくるだけで、建物の強度や防犯の面などにおいては結局、マイナス要素になってしまうのです。

家相風水において水回りには鬼門をつくるな、不浄のものを置くなといわれるのは、実は日当たりの悪い北東は、寒くて湿気の乾きにくい場所であり、南西は暑くて物が腐りやすい場所だからなのです。
例えばトイレやお風呂に寒い場所は不向きですし、湿度が高く乾きにくいとカビが繁殖したりします。
それならば、窓の取り方、設備機器や内装材の選び方などで、この寒さや暑さを改善しましょう。

家相風水で鬼門がよくないとされる理由を知り、それを改善する対策をとれれば、ただ風水の方角のみにこだわって家を建てる必要はないのです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75622733
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

Copyright (C) 2007 風水で運気アップ All Rights Reserved.