色風水

色風水とは、風水に色が持っている効果をミックスさせてさらに開運効果を強めるものです。

風水は陰陽五行説をもとにしていて、五行は生活すべてを分類し、また色にたとえることができます。
つまり、風水における木、火、土、金、水の五つのエレメントには、それぞれ対応する色があるのです。
これらは、
木は東(健康運)と南東(金運)で緑色や茶色。
火は南(名声運)で赤色 。
土は南西(恋愛、結婚運)と北東(学業運)で黄色やベージュ色 。
金は西(子孫運)と北西(協力者運)でメタリックカラーや白色 。
水は北(職業運)で青色や黒色。
といった分類です。

色は視覚を使うことから、色自体が持つパワーと効果を狙うのです。
カラーセラピー等の心理的効果を利用し、ラッキーカラーやラッキーアイテムとして身につけることもあります。
たとえば黄色い財布を使うとお金がたまるとか、逆に赤い財布だとお金が逃げていくだとか、そういった話を耳にされたことがある方は多いのではないでしょうか?

この風水と色のパワーの相乗効果で、いろいろな開運(恋愛、仕事、健康、学力等)アップを図ることができます。
色風水では、どのような場所においても「この方角にはこの色のアイテムを置く」という具体的な方法が提示されています。
しかしすぐに効果があらわれない場合もあるので、まずはあせらずに続けていきましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75619471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

Copyright (C) 2007 風水で運気アップ All Rights Reserved.