理気風水

風水は、「形法風水」と「理気風水」に分類されます。
このうちの「理気風水」は陰陽五行と方位の吉凶関係を重視し、個人の生年月日時間によって決定される方位の吉凶に基づいて住居や墓の方位、間取りの配置などを決める、という考え方です。

理気風水では、方位とエレメントとよばれる元素の関係を定義づけて応用することができます。
まず家を南、南西、西、北西、北、北東、東、南東の八方位に分けましょう。
風水では東は健康運、南東は金運、南は名声運、南西は恋愛や結婚運、西は子孫運、北西は有力者のバックアップを得る協力者運、北は職業運、北東は学業運に関係しています。

そして、中国では昔すべてのものは木、火、土、金、水の5つのエレメントから成っていると考え、それらを8方位に当てはめました。
(木は東と南東、火は南、土は南西と北東、メタルは西と北西、水は北)
つまり、開運したい方位の部屋をその方位のエレメントを表すインテリアにすると、エレメントのパワーが増して運を増すことができるということです。

ではここで、エレメントを表すインテリアの一例を紹介しましょう。
木(花や観葉植物、木製のもの。緑色や茶色のもの)
火(キャンドルライト、照明、その他赤いもの)
土(陶器、クリスタル、黄色やベージュ色のもの)
メタル(金属製のものやメタリックカラーのもの、白いもの)
水(水、ガラス製品、青や黒いもの)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75605062
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

Copyright (C) 2007 風水で運気アップ All Rights Reserved.